採用情報

カチオン電着塗装 | 樹脂塗装 | 製作実例

カチオン電着塗装とは


カチオン電着塗装とは、低濃度で水溶性の電着塗料(陽極)の中に、被塗物(エバポレータ等)を浸漬させ陰極とし、直流電流をかけることでそれぞれ違う極性の静電気を負わせることで塗料を行う塗着電着塗装技術です。カチオンとは陽イオンのことで、非常に高い耐食性を持つことも大きな特徴です。

電極付近では塗料が化学反応を起こし不溶性の樹脂(ポリマー/重合体)となり、複雑な構造体であっても(部品の不溶接部の隙間までも)ピンホールなく均一で密着性の高い塗膜を形成することが可能です。
塗膜は防錆性能に優れ、エポキシ樹脂(熱硬化性樹脂の総称)系塗料で表面がコーティングされるので耐防食性も高いことが特長です。
弊社カチオン電着塗装回収システムでは、95%以上の塗着効率であり、ロスが少なく高い生産性を維持することが可能です。
また、「鉛フリー」なので、土壌汚染などの影響もなく環境対応型の塗装として、自動車産業を中心に世界中で注目されていいます。

カチオン電着塗装の優れた点

環境対応型の塗装技術
水ベースなので、大気汚染が少なく、鉛フリーなので土壌汚染にも影響がありません。
安全性
火災の危険がなく低公害で、作業環境が改善できます。
経済性
回収システムにより、95%以上の塗着効率で経済的な塗装システムです。
安定した品質(膜厚の均一性)
優れた「付き廻り性(スローイングパワー)」が大きいため、メッキ塗装と比べ膜厚の均一性が非常に優れている。
また、複雑な構造体の内部まで塗装可能で、被塗物形状を選ばない。

カチオン電着塗装の主な用途

金属製(導電性)の被塗物であれば、カチオン電着塗装の対象となります。



カチオン電着塗装の特徴

  長所 短所
経済性 ・自動化、省力化ができる
・塗着工率が良い
・大量、連続生産に適する
・初期設備費用が高い
塗膜性能 ・合わせ目、内面・端面にも塗装ができ、
 高防錆効果がある
 
作業性 ・被塗物の形状・構造に関係なく均一な塗膜が
 得られ、膜圧調整が用意
・2度塗りができない
・色相の切り替えが困難
安全性 ・水溶性であり衛生的で塗料に引火しない ・電着槽に高圧電流が流れるため感電防止が必要

カチオン電着塗装の塗装工程概要

1. 脱脂工程 被塗物に付着した油分、汚れの除去
2. 皮膜処理工程 被塗物の表面にリン酸亜鉛皮膜を形成
3. 電着塗装工程 塗料液に浸漬し、電気的に塗膜を析出
4. 回収工程 余分な塗料分を塗料濾過液で回収
5. 焼き付け工程 150℃から170℃で10〜20分

カチオン電着塗装設備

金属塗装/カチオン電着塗装

株式会社スペック

株式会社 スペック
〒448-0813
愛知県刈谷市小垣江町御茶屋下57-1
TEL/0566-27-2070 FAX/0566-27-2055
ISO14001取得

(C)Copyright SPEC Inc. Limited All Right Reserved

ページトップへ